HOME >

プラットフォーム事業紹介BUSINESS

世田谷プラットフォームとは

世田谷区の複数大学、世田谷区、区内産業界の3者が連携のうえ、「世田谷プラットフォーム」(以下、世田谷PF)を形成し、地域における高等教育の活性化並びに区内産業界、更には世田谷区全体の発展に寄与することを目的としています。

世田谷PFでは、連携大学が中心となり、各大学の特色化・資源集中を促し、世田谷区のステークホルダー(世田谷区で学ぶ学生生徒、世田谷区民、世田谷区の企業、世田谷区にお越しの方々、世田谷区と交流のある地方自治体 等)に対し、高等教育・実務教育の提供や、地域の課題解決のための研究協力、学生ボランティア活動等、様々なソリューションを提供することにより、ビジョン達成を目指します。

世田谷プラットフォーム概要図

連携体制・基本方針・ビジョン等、世田谷プラットフォームの全体像です。

「世田谷プラットフォーム」概要

5つのビジョン

ビジョン1【文化・芸術・教育】

世田谷の歴史・文化・芸術への理解・関心を高めるとともに、世田谷区内にある大学の教育リソースを提供することで、学びの場である地域の好感度醸成を図り、世田谷ブランドの向上を目指す。

ビジョン2【地域活性】

地域課題の解決や地域振興に向けた支援体制を構築し、「安心安全に暮らし、学び、遊べる街"世田谷"」の実現を目指す。

ビジョン3【産業】

産学官の連携体制を構築し、新たな商品開発や区内における就労及び起業の促進をはかり、区内産業の活性化を目指す。

ビジョン4【国際化】

東京オリンピック・パラリンピックとその後に向けた区内での国際化対応の向上による世田谷の魅力度上昇を目指す。

ビジョン5【大学等の連携】

世田谷区内にある大学等が連携を強化し、学生の成長の支援体制を強化するとともに、世田谷区で学ぶことの魅力向上を目指す。また、区外の大学等とも連携を図り、世田谷区内にある知財を地方に波及させることを目指す。

プラットフォーム

中長期計画ロードマップ

世田谷プラットフォームの中長期計画、ロードマップ及び個別の事業や取り組みの詳細について公表しています。こちらをクリックしてください。

中長期計画に関する進捗状況及び評価

中長期計画の全体に係る評価、各取り組みに関する進捗状況・評価について公表しています。こちらをクリックしてください。

地域の高等教育の現状及び課題分析(IR)

世田谷プラットフォームでは、地域の高等教育の現状及び課題について分析し、公表しています。
「IR分析報告書」のPDFはこちら

単位互換 共通シラバス

世田谷プラットフォーム共通シラバスはこちら